考える白猫

韓国カルチャー、考え事など、好きなものについてお話をしてます。

12月はまだ雨が降る。

 

 

ふと顔を上げると、

雨の滴が窓をつたっていた。

 

あぁ、空が泣いてるんだ。

 

なんて、

小説みたいな事を本気で思ったとき、

自分が相当疲れていることに気がついた。

 

何をしても、

全身の気怠さと憂鬱感はとれない。

 

世の中が年末に向かって走り出す頃、

私は夏を思い出していた。

 

騒がしいセミと鬱陶しいくらいの太陽が、

ひたすら恋しかった。