考える白猫

韓国カルチャー、考え事など、好きなものについてお話をしてます。

愚問だった。

f:id:Nekosawa:20190819222501p:plain

 

春が来たら、僕は救われるんだろうか。

 

そんなことをふと、考えた。

 

 

鮮やかに咲く花達と、

きらきらとそれを照らす太陽の間。

 

暖かさの下へ押し出される。

僕は眩しすぎて、目をあけていられない。

 

 

そこへ出るには、少し足りなかった。

 

 

いつの間にか冷え切った心には、

 

春の風は暖か過ぎて、

熱くて、火傷してしまいそうだった。

 

春が来るのが怖いんだ、とあの人はいつか言った。

その意味が、なんだか分かりそうな気がした。