考える白猫

韓国カルチャー、考え事など、好きなものについてお話をしてます。

劇的な人生と、平凡な人生を。

f:id:Nekosawa:20190706000139p:plain

 

 

私は誰かの背景で、

 

誰かも私の背景で、

 

悲惨なニュースに顔をしかめて、

 

次の瞬間には夕飯のメニューに気をとられる人生だ。

 

 

自分が特別だと思うのは、

 

自分だからだと気づくのは容易いことで、

 

気づいたところで、別にどうってことないけれど。

 

 

外から見ると、

 

何かを含んだ人生になりえているんだろうか。

 

 

どうしたって僕は、

 

自分好みの展開が無いことに文句を溢して

 

否定し続けるだけだけど。

 

 

 

映画のような人生なんて、

 

フィクションでしか無くて、

 

ここには平凡な毎日があるだけだ。

 

 

ドラマチックなストーリーなら、

 

最後はハッピーエンドが良いけれど、

 

本当は劇的な要素なんか望んでなくて。

 

 

穏やかな時間さえ流れていたら、それでよかった。