考える白猫

韓国カルチャー、考え事など、好きなものについてお話をしてます。

アシアナでオンラインチェックインしたら超便利だった件

f:id:Nekosawa:20181218170116p:plain 

こんにちは!ねこさわです。

先日アシアナ航空を使って韓国旅行に行ってきたんですが、ちょうど「オンラインチェックイン」なるものを発見したので、これはやり方をシェアしないと!と思ったので書いていこうと思います。

オンラインチェックインをすれば空港にフライトの2時間前に行かなくてもいいし、いい席も事前に押さえておくことも出来るので一石二鳥!

というわけで、詳しく書いていきたいと思います!

 

フライトが早すぎて始発がない!


韓国旅行を予約するとき、「午前中に飛んで早めに着いた方が色々回れるし~」と思って成田空港9時発の飛行機を予約したんですが、忘れてました。空港にはチェックイン時間というものがあることを...

大体チェックインはフライトの2時間前が安心と言われていますが、9時発の2時間前と言えば7時。一応関東に住んではいるので、空港に「前日入りはしなくていいや~」と思っていたんですが、成田空港って結構遠い。「朝7時に成田って、いや無理やん。」と気づいたのが出発の1週間前。「前日入りするしかないのか...!」と思ったんですが、その時素晴らしいものを発見します。それが”オンラインチェックイン”です。

 

オンラインチェックインとは


オンラインチェックインとは、空港ではなくネットで事前にチェックインができるサービスのこと。アシアナ航空では、出発の48時間前~1時間前(*アメリカ路線をのぞく国際線の利用時間)まで、航空券の購入を終えたeチケットを持っていれば利用できます。

モバイル搭乗券なので、預ける荷物がない場合、空港に着いたら出国ゲートに進むだけ。つまり時間の余裕増えます。

ただし、ここで注意が必要なのが、

  • モバイル搭乗券が発行できない空港がある
  • 出発の70分前までに搭乗券の確認、手荷物手続きをしないと、予約した座席がキャンセルされることがある(アシアナの場合)

ということです。

モバイル搭乗券が発行できない空港の場合は、空港のカウンターで実物の搭乗券に交換しなければいけません。ちなみに、成田~仁川間は発行できました。

旅行の場合、大体の人が手荷物を預けると思うので、手荷物預かりの時間も注意しないといけないですね。

 

オンラインチェックインの仕方


アシアナ航空のオンラインチェックインの場合、まず公式サイトや、モバイルのチェックインメニューにアクセスします。

(引用:アシアナ航空

そこで予約番号、もしくは航空券番号と出発日を入力します。

次の画面に進むと、座席選択や座席変更、そしてマイレージ番号の入力ができます。

(引用:アシアナ航空

私がアクセスしたときは、座席が既に結構埋まっている状態だったので、友達と2人並ぶ席をギリギリで取れた感じでした。もし空港でチェックインしていたら、バラバラの席になっていたと思います。

次はパスポート情報や、滞在先住所などを入力する画面です。

(引用:アシアナ航空

私は、旅行会社を通して予約していたので、パスポート情報などは既に入力されていました。

これでチェックイン完了の画面になります。

(引用:アシアナ航空

これで搭乗券の発行が可能になりますが、オンラインチェックインの締め切り前まで、搭乗券の再発行や、座席の変更などもできるようになっています。

 

オンラインチェックインより楽な”オートチェックイン”


ここまで書いてきて思い出しました。私が使ったのって、オートチェックインだった。

オートチェックインもオンラインチェックインの仲間みたいな感じです。違いは、フライトの48時間前より前にチェックインの予約が出来るということ。これをしておくと、フライトの24時間前に自動でチェックインしてくれます。

そのやり方もほぼオンラインチェックインと同じですが、メールアドレスor携帯番号の入力は必ずしなければいけません。自動でチェックインされた後、そこに搭乗券が送られてきます。

実際にフライトの24時間前に送られてきた搭乗券リンク付きのメールがこちらです。

搭乗券はおサイフケータイに追加しておくと楽ですよ。

 

進化する空港手続き


今回はオンラインチェックインについて書きましたが、このほかにも空港の手続きで自動化が進んでいる場面が多く見受けられました。

まず、荷物預かりの機械化です。

成田で荷物を預けたときは人がやってくれたんですが、仁川では完全に機械化されていました。自分でパスポートをかざして荷物をベルトコンベアに載せ、あの長いレシートみたいな荷物に付けるシールも機械から出てきたものを自分で付けました。側に使い方を説明してくれる方はいらっしゃいましたが、みんながその機械に慣れたら、そこから人は完全にいなくなるかもしれませんね。

そして、次が出入国の機械化

成田出国の際は、機械が故障中とかで今まで通り職員の方に顔やパスポートを確認してもらうという形だったんですが、成田で入国する際は機械でチェックしました。パスポートをかざして、鏡のような画面に顔を見せれば入国手続きは完了。めっちゃ速いです。

ただ、外国人の列は結構並んでいたので、まだ自動とまではいかないのかもしれません。仁川でも普通に職員の方に出入国チェックしてもらいましたからね。まあ、オーストラリアなんかは自動で入国手続きが出来るって聞いたことがあるので、徐々に導入されるのではないかと思われます。

機械化が進めば、空港職員の方の負担も減っていいとは思うんですが、パスポートに出入国の判子を押して貰えなくなるのは寂しいなと思います。機械を使っても何かしらの表示がパスポートに出れば、この国に行った感が出ていいんですけどね~。

また、海外に行く際、面白いものがあればここでシェアしていきたいと思います。

それでは、また!