考える白猫

韓国カルチャー、考え事など、好きなものについてお話をしてます。

これさえ見ればKPOPの用語が理解できる!中級者編

f:id:Nekosawa:20181218165801p:plain 

こんにちは!ねこさわです。

前回の<KPOP用語講座初心者編>では、KPOP用語の中から基礎中の基礎を集めてご紹介しました。しかし実は、KPOP用語はまだまだめちゃくちゃある...ということで!

今回は、KPOP用語講座の中級者編!「Mカって何?」「マスターさんって誰?」などなど、初心者編より一歩入り込んだKPOP用語をご紹介します!

 

独特すぎる?音楽番組の名前たち!


韓国には代表的な音楽番組が計6つあります。その番組名は、韓国語読みしたり、日本語読みしたり、さらにそれを略したり、と初めて見た人には何のことだか分かりません。

番組の簡単な紹介とともに、下からご覧ください!

 


地上波の三大音楽番組


まずは、地上波の3つの番組から!

<ミューバン>

ミューバンとは、ミュージックバンク(Music Bank)の略で、KBSという韓国の放送局で放送されている音楽番組です。

毎週金曜日の18:30から、KBSWORLDを通して全世界に放送されています。

<ウマチュン>

ウマチュンとは、音楽中心(Music Core)を韓国語で発音した「ウマチュンシム」を略したものです。

MBCという韓国の放送局で、毎週土曜日の15:30から放送されています。

<インガ>

インガとは、人気歌謡を韓国語で発音した「インヨ」を略したものです。

SBSという韓国の放送局で、毎週日曜日の12:10から放送されています。

 


その他3つの音楽番組


次は地上波以外の音楽番組!どれもKPOPペンには有名な番組ばかりです。

<ザショー>

ザショーとは、「THE SHOW」をそのまま日本語読みしたものです。

SBS MTVを通して、毎週火曜日の18:30から放送されています。

<ショーチャン>

ショーチャンとは、ショーチャンピオン(SHOW CHAMPION)を略したものです。

MBC Musicを通して、毎週水曜日の19:00から放送されています。

<エムカ>

エムカとは、Mカウントダウン(M COUNTDOWN)を略したもので、Mカとも呼ばれます。

Mnetで、毎週木曜日の18:00から放送されています。

 


YouTubeでも視聴可能!


上記の音楽番組は、独自のYouTubeチャンネルなどで、その日出演した歌手のステージを公開している為、海外にいても簡単に見ることが出来ます。もちろん日本の放送局には、日本語字幕を付け、fullで放送してくれるところもあります。

また、歌のヒット度によって順位が付けられ、その日の1位歌手にはトロフィーが贈られるため、そこも見所となっています。

 


「ペンカフェ」の管理人「マスターさん」とは


マスターさんとは、簡単に言えば、私設ファンサイトの管理人さんです。このサイトは「ペンカフェ」と呼ばれます。

Twitterにめちゃくちゃ綺麗なアイドルの写真をあげている方を見たことありませんか?その写真の端をよく見てみてください。きっとその方独自のロゴが付いているはずです。

マスターさんは写真や動画を撮る技術が高く、そんじょそこらの雑誌に載るよりも素晴らしい写真を撮っています。(これまじです。)

そういった素晴らしい写真を撮り、サイトを運営している人のことをマスターさんと言っています。

マスターさんは他にも、撮った写真でスローガンなどのグッズを作ったり、アイドルに差し入れをしたりしています。

 


「空港ファッション」の側には「大砲ヌナ」


マスターさんはコンサートやサイン会など、色々な現場に現れますが、空港にも頻繁に現れます。

韓国のアイドルは海外でのスケジュールが多いため、よく空港を利用します。その時の私服は「空港ファッション」と呼ばれ、一種のファッションチェックの場となっているため、アイドルも意識してお洒落をしてきます。

その姿を収めようと現れるのは「大砲ヌナ」。大砲は、カメラのデカいレンズを指します。つまり、「デカいレンズを付けたカメラを手に、アイドルの姿を収めようとするお姉さん」という意味ですね。

推しのアイドルを綺麗に撮りたいという一心で、カメラにもお金をかける方が多いようです。

ちなみにねこさわ、何度かアイドルの出入国現場に遭遇したことがありますが、あれは一種の戦場でした...。もの凄い量の人がアイドルの移動を追いかけて移動するため、まさに満員電車で押し押されているようなもの。見ているだけでも具合が悪くなりそうでした...。その中で綺麗な写真を撮ろうという「大砲ヌナ」たちは、ホントに凄いです。

 


「ファンカム」のUPは公式の許可済み?


ファンが撮った写真・動画は「ファンカム(Fancam)」と呼ばれています。これはそのまま、ファンのカメラという意味ですね。ネットに沢山UPされています。

ちなみに、アイドルの写真って勝手に撮ってネットにあげて良いの?と思われた方はいませんか?

良い、とは言われてないです。笑

マスターさんのこれらの活動は、特に公式的に許可されているわけではありません。(差し入れなど許可を得てされている活動もあります。)著作権なんかを考えると、良いわけはないですよね。

それでも何故こんなにも多くのマスターさんが存在するのか。

それはアイドルのマーケティング的にプラスの効果を出しているためです。

実際に、マスターさんが撮った写真のおかげで人気に火が付いたアイドルなんかも存在します。

これはKPOP界全体に言えることですが、ファンが違法にアップロードした動画・写真は、あまり厳しく規制されません。マスターさん撮影の写真はもちろん、ファンが独自に編集したバラエティのまとめや、海外ファン制作の字幕付き動画などは、アイドルの魅力をより沢山の人に広めるために、大きな力を発揮します。KPOPの人気が海外へ広まっているのは、この緩い規制の効果も、十分あると思われます。

 


おわりに


今回は中級者編ということで、6つの音楽番組と、マスターさんについてご紹介しました。

どちらもKPOPを語るときには欠かせない存在ですが、日本には存在しない文化もあったりと、最初は慣れない部分もあるかと思います。特にマスターさんは全くの異文化なので、なかなか馴染みづらいかもしれません。

マスターさんではなくても、多くのKPOPアイドルは公式のSNS活動が活発なので、ネットを上手く使って、KPOPを楽しむ1つの材料にしてください!

次回は、<初心者編>や今回紹介しきれなかった用語から、ちょっとブラックな用語まで含んだ<上級者編>でご挨拶したいと思います!それでは!